忍者ブログ

ギタリスト ハラボのブログ

ギタリストのハラボと申します。主にアコースティックギターでのソロスタイルで演奏活動をしております。

ひさびさにニコ動に投稿しますた。
何ヶ月ぶりでしょうw
ニソギラッシュに煽られて
ひさびさにニコ動に動画を投稿してみますた。

今回はErik Mongrain(エリック・モングレイン)氏のPercusienFaを弾きました。
Airtap!と似た感じの曲ですが、こちらの方がパーカッシブで、個人的には好きです。
(もちろんAirtap!も大好きですが)
本人からは程遠い演奏ですが自分なりに頑張ってみました(´・ω・`)
正直ノーミスでは弾けませんw
録音はマイクで生音拾って、少しだけリバーブかけてます。
ピックアップ通してエフェクター使った方が本人に近い感じになると思うのですが、生音でやってしまいましたw






それにしてもこの曲、読み方なんて言うんでしょうね・・・w
PR

コメント

1. 無題

お見事!ってこれ生音拾ったんですか。結構音良く撮れてますな。ボディタップの音とかリアルな感じが出ててカッコいい!

こりゃぜひ生で見たいです。川崎とか遠すぎ泣いたorz

2. れすです

>ドンマキさん
突発的に録画しようと思いたったので、マイクを床に置いてさっと撮りました。
機械とか繋げてるうちにメンドクサくなってくるタチなのでw
ほんとはPUを通した方が本人に近い感じになるんでしょうけど、生音もこれはこれでイイかなと思いました。

僕もドンマキさんの演奏、是非生で見たいんですけどねーw

3. タイトルは

PercusienってPercussionにスペルが似てます。
モングレインはカナダ東部の出身だからフランス語を調べてみました。
男性名詞の語尾に-ienと付くことがあるようです。
フランス語のパーカッションかどうかは分かりませんが、パーカッシブな演奏なので決めつけてかかって←
パーカシアン(パルカシアン?)みたいな読みだと推測しますw
フランス語のRの発音難しい…

Faって何でしょうね。

4. 無題

>すみそさん
わざわざ調べて頂きありがとうございます(・∀・)
Erikの出身地のカナダのケベック州ってフランス語が公用語なんですね、初めて知りました。
CDのライナーノーツもフランス語と英語が半々で使われてるみたいです。
で、日本語のライナーノーツよく見直すと・・・
「ペルキュシアンファ」って書いてありました!w
見落としてました・・・マヌケですいませんw

5. 無題

てっきりサリオラで来ると思ってたので、まさかのモングレインwwwしかも生音でコレは凄い!!!!

youtubeのverとフレーズかなり違いますが、コレは楽譜が元ですか??

6. 無題

>okkkkkunさん
サリオラはいつか弾きたいのですが
当分はお見送りですねぇ
なんとなくスラム奏法っぽい事は出きるようになったんですが・・・
今週末のサリオラのライブでどうやって弾いているのか凝視してきますw

これは楽譜が元ですねー、CDと同じverです。
コメントを書く